納車が決まってから確認することと契約書類について

納車が決まってから確認することと契約書類について

 

中古車を購入し待ちに待った納車日を迎えると気持ちもたかぶります。しかし、納車時に車の状態や必要書類の確認をおこなうことで、トラブルを事前に防止することに繋がります。新車であればメーカー保証で対応してくれますが、中古車の場合は保証がついていても新車に比べ期間が短いことが多いのです。必ず自分自身で立ち合うようにするのはもちろん、なるべくならば昼間など目視確認がしやすい明るい時間を選びましょう。

 

実際、車の状態が契約時と異なる箇所がないかチェックしたり、オプション装備などを依頼した場合は取り付けされているか、注文書などと照らし合わせながら確認してみましょう。また、契約時に不具合の修理や調整を依頼している場合も同様です。後々トラブルにならないように一つ一つ確認を行いましょう。万が一、納車時に不具合が発覚した場合は、期日を設けて書面にに残す事が大切です。また、納車時に添付される書類も必要なものが揃っているか確認の必要があります。

 

まず、車検証や自賠責保険証書においては、車両の確認や自分名義に変更されているか目を通しましょう。また、自動車税納税証明書や保検証も記載事項に間違いがないか確認しましょう。他にも定期点検整備がある場合には、定期点検整備記録簿が添付されていたり、特定の車両状態に該当する車の場合は、その車両状態を示した書面を受け取ることとなります。納車時の確認を行った上で、引き渡し後すぐに不具合を感じた場合は、時間をあけずにすぐ販売店へ連絡することが大切です。

 

トップへ戻る