車の購入クレジット支払いと契約成立のタイミングについて

MENU

車購入のクレジット支払いと契約成立のタイミング

車購入のクレジット支払いと契約成立のタイミング

 

通常、自動車の売買契約でクレジットでの立替払いを採用する場合、信販会社から販売業者にクレジット申し込みの承認通知がなされた時点で契約成立とみなされます。この立替払いが不成立、承認されたなかった場合は車の売買契約も不成立となります。

 

これを踏まえた上でひとつの事例を考えてみましょう。例えば、150万円の中古車を購入し、現金で50万円を支払い後、残り100万円のクレジット立替払いを販売店を通して申し込みしたが信販会社により不承認だった場合、車の売買契約は不成立となります。その場合、20万円は販売店から返還してもらえるのです。さらに車の購入に伴う、カーナビなどのオプション装着に対しても売買契約は不成立となります。ただしこれが無効となるケースがあります。

 

それは、売買契約の際に販売店側の独自の約款に基づき、契約成立時期が決められている場合です。例えば、注文書への署名、捺印がなされた時を契約成立としていたり、車両金額の〇%のキャンセル料などが記載されている場合は、クレジット承認の合否に関わらず契約が成立してしまうため注意が必要です。また、オプション装備に関しても、クレジット承認前の段階で事前に装着を指示依頼していた場合などは実費負担する可能性が高くなりますので、このような契約成立の有無を事前に確認をしておくと、契約の際の不安や心配もなくなるのではないでしょうか。

関連ページ

納車時に車の状態や必要書類の確認をしてトラブルを防止する
納車が決まると、気持ちが高ぶり冷静な判断ができなくなってしまいます。事前に契約書類を確認しておき、車の状況はもちろんのこと、傷やへこみ、オプション装備についてもしっかりと確認しておき、トラブルを回避できるように準備しておくことが重要です。
車の売買契約後、スムーズに登録できるよう必要な4つの書類
車の契約が終了したら次に行うことは、車の登録手続きです。こちらには登録の際に必要となる4つの書類について記載していますので、スムーズな登録ができるように事前にしっかりと確認をしておきましょう。
中古車購入で必要な注文書(売買契約書)でチェックしておきたい6つのポイント
中古車は、売りたい人と買いたい人とが口約束だけでも契約が成立するのですが、それでは後からトラブルが絶えないため、契約書になる注文書の作成が必要になります。この注文書の作成においてしっかりとチェックをする必要してほしいことが6つありますので、こちらで詳しく解説します。
車の購入の際に必要な費用・見積書の内訳について
車を購入しようとした際に必要な費用というのは、何も本体の価格だけではありません。車の購入に必要な費用の中には、消費税以外にも諸費用がかかってきます。この車購入のための諸費用を認識しておくことで思ったよりも高額な車の購入代金にならないで済むのでチェックしておきましょう。