予算オーバーをしないように費用・見積書を把握しておきましょう

予算オーバーをしないように費用・見積書を把握しておきましょう

 

車の購入にかかる費用は、車両本体や消費税の価格以外にも様々な名目で諸費用が発生します。この諸費用の内訳を把握していない場合、購入時思わぬ予算オーバーに繋がってしまいます。購入する車が新車でも中古車でも共通して発生する諸費用として、「自動車税、自動車取得税、リサイクル料金」が挙げられます。その中でも、自動車取得税は普通乗用車の場合、新車も中古車も取得価格の3%となります。

 

しかし、中古車においては新車時の取得価格×残価率を取得価格と捉えます。また、軽自動車においては新車でも中古車でも取得価格の2%を納税義務として課せられます。さらに新車には「自動車重量税」や「車検費用」が発生し、車検を通す必要がない場合には、そのどちらも中古車には発生しません。また必ず義務付けられている「自賠責保険料」に関しても、新車はもちろん、中古車では車検が残っている部分に料金が発生します。

 

保険料に関しては、個別で任意保険料なども発生するため、検討する必要があるでしょう。そして、忘れてはいけないのが陸運支局や警察に支払う「法定費用」や「登録費用、車庫証明費用」などは、一部販売店が代行してくれる場合に別途代行手数料を支払う必要がでてきます。また個別で下取りや納車を自宅へ希望する場合は、それぞれ「下取り費用や納車費用」も発生する可能性もあるため販売店へ確認が必要です。このような諸費用を把握することで、車購入に関わる全体的な費用のイメージを膨らませることができます。無理のない予算配分を行いましょう。

 

 

中古車 長岡市 安い
長岡市に転勤異動になった友人が安くてなおかつ良さそうな中古車を販売している車屋さんをまとめています。長岡で安い車を探している人は必見。

トップへ戻る