中古車の購入保証やトラブルについて

中古車の購入保証やトラブルについて

 

新車購入とは違い、中古車は経年劣化による傷や自然摩耗があることを承知した上で購入しなければいけません。例え同じ車種であっても車の状態は個々で確実に異なるため、中古車を販売する業者は品質や車の状態を表示するように「自動車公正競争規約」により義務づけられています。

 

その情報を基に納得した上で購入している場合は、のちに購入後不具合が起きる可能性を推測できます。しかし、事前に提示された車の状態や品質以外で、基本的な走行にかかわる問題が起きた場合は、販売店に対して売買契約の解除や損害賠償請求ができることが民法で定められています。販売業者によって、契約前に保証なしやノークレームの説明があったとしても、例え販売店自体が気づかなかった要因だとしても、隠れた瑕疵とみなされるのです。

 

一般的に車として走行に支障をきたす状態というのは、ブレーキの故障やエンジンの不具合などが挙げられますが、車の傷などと違い走行に大きな影響を与えるものは、どんなに注意深く観察しても素人に発見できるものではありません。購入者にとって大きな不利益を生じるリスクを事前に提示されなければ、不公平といえるでしょう。こういった買主保護の観点が民法570条である瑕疵担保責任の根底にあります。

トップへ戻る