中古車の購入保証のトラブル(自動車公正競争規約)

MENU

中古車の購入保証やトラブルについて

中古車の購入保証やトラブルについて

 

新車購入とは違い、中古車は経年劣化による傷や自然摩耗があることを承知した上で購入しなければいけません。例え同じ車種であっても車の状態は個々で確実に異なるため、中古車を販売する業者は品質や車の状態を表示するように「自動車公正競争規約」により義務づけられています。

 

その情報を基に納得した上で購入している場合は、のちに購入後不具合が起きる可能性を推測できます。しかし、事前に提示された車の状態や品質以外で、基本的な走行にかかわる問題が起きた場合は、販売店に対して売買契約の解除や損害賠償請求ができることが民法で定められています。販売業者によって、契約前に保証なしやノークレームの説明があったとしても、例え販売店自体が気づかなかった要因だとしても、隠れた瑕疵とみなされるのです。

 

一般的に車として走行に支障をきたす状態というのは、ブレーキの故障やエンジンの不具合などが挙げられますが、車の傷などと違い走行に大きな影響を与えるものは、どんなに注意深く観察しても素人に発見できるものではありません。購入者にとって大きな不利益を生じるリスクを事前に提示されなければ、不公平といえるでしょう。こういった買主保護の観点が民法570条である瑕疵担保責任の根底にあります。

関連ページ

満足できる車販売店を見つけるための3つの方法
中古車というものはどのようにチェックすることでいい中古車・悪い中古車なのか素人にはわかりません。どのように満足のできる中古車に出会えるのか。見つけられる方法についてこちらから確認してください。
中古車の走行メーター改ざんを見抜くためにチェックするべきモノ
中古車市場において「走行メーター巻き戻し」と言われる改ざんが問題になっています。はっきり言って車の素人には判断は、難しいので、これからはしっかりとあるものを確認することで改ざんの有無を確認しながら車の購入を進めていきましょう。
修復歴があるのに提示がない中古車売買のトラブル(錯誤無効・詐欺取消)
中古車の売買においてよくあるトラブルに「修復歴の提示がない」ことが多々あります。どのようにすれば、このような購入のトラブルをしないようにできるのかをこちらに書いていますので参考にしてください。
中古車売買における隠れた瑕疵があれば売買契約の解除が可能!
中古車の購入というのは日本全国に数ある中古車販売店から、自分が満足のいく車をみつけられるのか。ということが重要になります。車の購入の際にどのようなことを気を付ければいいのか、どのように購入することが正しいのか。その見つける方法、基礎知識について書いています。