修復歴がないからと安心せずに要確認

修復歴がないからと安心せずに要確認

 

中古車売買のトラブルの一つで、販売店により修復歴の提示がないまま車の購入をしてしまうケースがあります。自動車公正取引協議会の自動車公正競争規約によると、車体の骨格に当たる部位の修正および交換歴を含めた「修復歴」については後述箇所が該当する場合、購入者に説明表示しなければいけません。

 

該当箇所は1ボンネットタイプ(フレーム・クロスメンバー・フロンゴインサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロアパネル・トランクフロアパネル・ラジエータコアサポート交換)2キャブタイプ(ラジエータコアサポート交換以外のボンネットタイプと同箇所)が挙げられます。ここでポイントなのは、例え該当箇所が修復済みで、性能に異常がない場合でも、該当車に対し著しく安全性への信頼が損なわれた状態とみなされることになり、民放95条の「錯誤無効」が適用されます。

 

また、販売店が故意に修復歴を隠していることが認められた場合は、民放96条の「詐欺取消」により契約を無効にすることも可能です。修復歴があるかどうかは、購入者にとって重要な取引要素となります。もし販売時に修復歴の表示があれば、修復歴を承知した上で購入を決断することもできるので問題は生じません。修復歴の表示がない場合でも、売買前には一度販売店に確認をとることで後々のトラブル予防となるのでしっかりと確認するようにしておきましょう。

トップへ戻る